Love the life you live...

32歳で子宮体癌になりました。治療の事や日々の事。

七夕祭り💫

癌だの病気だのって書いてばかりで、楽しくないので休憩!

 

今日は7月7日、織姫と彦星が出逢った日。七夕ですね。

七夕飾りがたくさん出てお祭りをしていたり、短冊にお願い事を書いたりしてみんなそれぞれの今日を楽しむ。私は家でメルカリ発送しなきゃなーなんて考えてますが。

 

そんな有名な七夕物語、年に1度2人が会える日。そーいえばなんで川の両岸に離されてしまったんだろう?ちゃんと調べてみました。実はよく知らない!!

 

 昔々、天の川の近くに天帝の神様が住んでおられました。その娘の織姫は美しく働き者で機織りに一生懸命で自分の身なりを構おうともしません。神様は織り姫にふさわしい相手を探そうと川の岸辺を歩いていると、牛の世話をしていた彦星という働き者の若者と出会います。この青年ならば織姫と幸せに暮らしていけるだろうと、織り姫の結婚相手として選びました。

二人はお互いに惹かれ合いとても仲の良い夫婦になりました。しかしそれからというもの二人は遊んでばかりでちっとも仕事をしようとしません。神様が注意しても二人は全く仕事をしようとしません。

 

そこで怒った神様は天の川の西側へ織姫を、東側に彦星を連れて行き、無理やり引き離したのです。それからというもの二人は深く嘆き悲しみまた仕事をしようともしないので、前のように真面目に働くのなら一年に一度だけ会うことを許そうと神様は言いました。

それ以来二人は真面目に働くようになり、初めての七夕の夜に二人は天の川の岸に立つと次から次へとかささぎが飛んできて翼を精一杯広げ互いの翼をつなげて橋を作ってくれます。そしてその橋を渡り1年に1度だけ七夕の夜に会うことができるようになりました。その夜を励みに二人は心を入れ替えて一生懸命働くようになったのです。

 

それでも雨だと天の川の水かさが増し渡ることができないので、短冊の中に『七夕の夜は晴れますように』と一つかけておくそうです。

来年の短冊には自分の願い事を書かずに、織姫と彦星が会えるよう晴れをいのてみようかな。調べてみるといろんなことがありますね!オモシロイ !

 

ちなみに私の中での"Best of milky way"はサハラ砂漠から見たものでした。漆黒の空に無数の星があって、その中でもひときわ小さな星たちが集まって本当に道のようであり川のように見える星群。

f:id:lilyloves:20170707190138j:plain

残念ながらiphoneでは綺麗に撮影できず脳裏にだけ焼き付けて帰ってきました。

日本で見てる空では見えていないものの方が圧倒的に多い。世の中のほとんどが知らないことであり、きっと死ぬまでもほんの一部しか知ることはできないのだけれど、多角的に目を向けてそしてより多くのものに触れて生きてみよう。

*

*

*

* 

Live,Love,Laugh and be happy♡